糸島とは

平成22年1月1日に、前原市と二丈町、志摩町が合併し、 糸島市が誕生。現在人口は、約10万人。
福岡市の繁華街、博多や天神から車で30〜40分。
糸島市は、福岡県の西部の糸島半島に位置しています。北部は玄界灘に面した美しい海岸線が広がり、
サーファーや海辺をドライブする人々で賑わいが。南部には、背振山系の山々が連なり、 中間部には糸島平野と呼ばれるなだらかな田園地帯が広がっています。

糸島観光名所


白糸の滝


天然のマイナスイオンがたっぷり。
夏でも滝の周りはとても涼しくヤマメ釣りや
そうめん流しが出来ます。
春夏秋冬、四季折々の風景を体感する事が出来ます。

雷山千如寺大悲王院


天平14年(742年)に開山されたと伝承される千如寺。 大悲王院は宝暦2年(1752年)に黒田継高公が建立した 建物です。 中には鎌倉時代作の国指定重要文化財 「木造千手千眼観音立像」と「木造清賀上人座像」 が安置されています。 境内には福岡県の天然記念物にも指定される 樹齢約400年の大カエデがあり、11月の紅葉時期には 真っ赤に色づいてたくさんの参拝者が訪れます。

志摩サンセットロード


糸島半島の西側海岸線には、サンセットロードと呼ばれる、約33kmの絶景ドライブコースがあります。
福岡中心部から1時間圏内で美しい海が続く海岸線を眺める事ができ、道中には美しい夕日が見られるとして「日本の夕日百選」に選ばれた二見ヶ浦や夫婦岩なども見る事が出来ます。 海岸線にはおしゃれなお店なども立ち並んでおり、ツーリングコースにぴったりです。

糸島特産品


海と山が隣接している自然にあふれた糸島では夏・冬ともに気温が和らぐ温暖な気象もあり
「醤油」「牡蠣」「野菜」「魚」「果物」など海、山の新鮮な特産品を味わう事が出来ます。
又、野菜の直売所も多く存在し、とれたての旬の野菜を味わう事が出来ます。
北伊の「醤油」も豊かな自然の中で育った特産品です。

北伊醤油も糸島名物


地元糸島産の丸大豆を杉樽仕込で2年半熟成・発酵させた化学調味料を一切使用しないこだわりの製法で作った醤油
又、醤油の醸造に使用する「仕込み水」は、船越山が天然の濾過装置となり生み出す天然の「湧水」を仕込み水として醤油を醸造しています。